ハンナ・バーベラという人(?)をご存知だろうか?この名前を
知らない人でも
「チキチキマシン猛レース」「トムとジェリー」
「大魔王シャザーン」
なら知っているでしょう。
そう、ハンナ・バーベラはアメリカのアニメーターで、ぼくたちが
昭和のあの頃に見たアメリカマンガの多くは彼の作品なのである。

日本に初登場したのは、はすぴーが生まれた
昭和33年『珍犬
ハックル』
という作品だというから妙に親近感を覚えてします。
たぶんオイラが幼稚園か小学校の低学年の時には「トムとジェリー」
も放映されていたと思う。
ちょうどこれらのアニメを今、CS放送「カートゥーンネットワーク」
で放映していたので、とても懐かしく思った。
昭和30〜40年代におこちゃまだった人はきっとこれらの作品
を見たいたに違いない。そこで今回はハンナ・バーベラ作品の
画像をあちこちからパクリまくり、著作権というものをまったく
無視して妙に懐かしい画像をペタペタと貼ってしまえ、、、
というページにしました。
「おい、こらぁ〜勝手に画像を転用すな!」とお叱りをうける
こと間違いなしのヤバイ企画なのであります(汗)。
  ハンナ・バーベラ
「突貫カメ」
事件が起こるとカメの甲羅の中にある
受話器がなる。「突貫〜進めっ!」と
言って現場に急行する。
「大魔王シャザーン」(1968)
チャックとナンシーが中指にはめた指輪を
合わせて叫ぶと、「アイアイサー」と登場する。
「宇宙怪人ゴースト」
アランとケイトと猿のピッキーと共に宇宙
の平和を守る。武器は腕に付けたUバンド
これがないとゴーストは弱い。
「ワニのワォーリー」
物語はほとんど覚えていないがいつも
動物園から抜け出そうとするが、園長に
つかまってしまう。
「早撃ちマック」
私もかつて若かりし頃、「早撃ちはすぴー」
と呼ばれていました(汗)
「フランケンロボ」
ジュニアくんと共に、毎回、悪い博士が
操る巨大怪獣たちを次々に退治する物語
いかがでしょうか?そういえば、こんなマンガもあったなぁ〜、、、といった感じでしょう。
ストーリーはほとんど記憶にないのだけど、たしかに見ていたものばかりでしょ。日本のアニメに比べて
なんとなくチープで安ぽい感じもするし、バカバカしい内容だったりもするけど、妙に懐かしい気分に
させてもらいますねぇ〜。
あいまいな記憶だけど、東京12チャンネルで夕方6時半から放映していたように思う。7時からの
ゴールデンタイムの「前座」みたいな存在で「まっ、他チャンはニュースばかりだし、一応こんなもの
でも見ておくか」といった感覚だった。

原始家族フリントストーン
原始時代をポップに描いた、人気作品。
アニメを忠実に描写した実写版あるよ
宇宙家族ジェットソン
未来社会を舞台にしたホームコメディー。
原始家族フリントストーンの未来版。
スーパースリー
♪ラリホーラリホーラリルレロ コイルは
デブっちょボヨヨンのヨン フリーは
気取ってスイスイスイ マイトの出番だ
バラッバラッバラッ
タコのロクちゃん
クマゴロー
緑の帽子に緑のネクタイ姿、
ジェリーストーン自然公園のトップスター
怪獣王ターガン
マリュー、ヒューヒュー&ポーポー。
タングロン、リキラー、
頭にひし形をつけているのが、ターガン。
トムとジェリー
ドラ猫大将
珍犬ハックル
スカイキッド ブラック魔王
まっ、だいたいこのあたりの作品はあまりにも有名で、「夏休み子どもまんが劇場」でも
よく再放送されていた。とくにチキチキマシン猛レースにいたっては何回も見たので
マシンの名前をしっかり覚えてしまったのは、私だけでないはず。。。

1番、ガンセキオープン  2番、ヒュードロクーペ  3番、マジックスリー
4番、クロイツェルスポーツ  5番、プッシーキャット  6番、タンクGT
7番、ギャングセブン  8番、ポッポSL  9番、ハンサムV9  10番、トロッコスペシャル
シンドバットの冒険
マジックおばさん
バットマン
電子超人Uバード
チュースケとチュータ
以下の作品は妙に懐かしいけど「日本語タイトル名」がわからないので、
どなたか覚えている方ははすぴー掲示板に教えてくださいな。
動くハンナバーベラ作品集
クリック!


原稿:(2003.4.29) 

「あの頃」のセピア色の想い出 

 
オマケ:アイコン集
クリック!
オマケ:その他画像集
クリック!
宇宙忍者ゴームズ
ゴリラののごんちゃん
秘密探偵001
inserted by FC2 system