マグマ大使

  

マグマ大使は「ロッテ」の提供でした。

マグマの息子「ガム」というのは、いかにもスポンサーの特権乱用だ。

もしスポンサーがロッテでなく、明治製菓だったら「チョコ」に

なっていた可能性がある。いや、もしかしたら妻の「モル」が

チョコという名前で島倉千代子(チョコ)が演じていたかも(笑)

 

3枚10円のフーセンガムの景品として、「パンチマグマ人形」が

当たるんだ。(↑のやつ)

これが欲しくて、あまりおいしくなかったガムをよく買った覚えがあるぞ。

このおもちゃって、よくあるでしょ。底を押すと人形の紐が緩んで動くやつ。

 

 

戻る

MIDI byふくちゃん

 
inserted by FC2 system