ワセダ速記

 ダダをこねて欲しかったのは、何もグッズだけではない。

アッという間にクラスの人気者になるという「速記」は魅力的なものであった。

例文から察するところ少年マガジンの広告であろう。

ハガキの切手の金額が「7円」というのも当時を偲ばせている。

 

実は私、この広告がトラウマとなって大学時代に速記のサークルに

入っていたという経歴があったりします。(笑) ですから、少しだけ速記を書けちゃいますぅ。。。

 

 
inserted by FC2 system