盗聴器

男の子はなぜかこういう小型メカ系が好きだ。「盗聴器」はその代表的な代物であった。

はすぴーはこんな高価なものには手が出なかったが、友人S君は秋葉原のラジオショップまで買いに行った。

職員室に仕掛けようとS君は言い出したが、そういう度胸は誰もなかった。

あいまいな記憶だが、音質はかなり悪く、雑音ばかりだったような気がする。

「200m離れて手にとるように聞こえる」というのは誇大広告だったんだろうなぁ。

 

 
inserted by FC2 system